合宿免許を利用するメリット

運転免許を習得する方法は、大きく分けて、自動車学校に1~6ヵ月程度通って免許を習得するケースと、長期休暇を利用して2週間程度免許習得にむけた合宿(泊まり込み)をする合宿免許の2つのケースがあります。その中の一つ、合宿免許で運転免許を取るメリットは主に2つあります。
まず1つ目は通いでとるよりも何倍も早く免許を手にすることができます。



免許習得までには2段階の技能教習と学科教習を受講しなければならないのですが、合宿免許でこれらを受けると2週間という決められた期間の中での日程が組まれるため、必ず2週間のうちでとることができるようになっています。



例えば高校を3月の上旬に卒業して、4月前にどうしても免許を取りたい!という学生さんには合宿免許という選択肢も検討してみるといいかもしれません。


2つ目は2週間で全てのことをやるので、久しぶりに教習に来たせいでやり方忘れちゃった!という事にはなりにくいです。
合宿で免許をとっても通いでとっても、仮免許習得のための試験(仮免許がないと第二段階に進めません)と卒業試験を受けることになりますが、当然覚えているうちにすべてやってくれるので、一発で合格する可能性が高くなります。



学科試験は特に、時間がたつほど内容を忘れてしまうので、早く受けるほど有利であるといえます。


これは特筆する内容ではありませんが、今では合宿免許に力を入れている自動車学校も多く、合宿中に様々なイベントを催しているところも少なくないようです。
免許を取る際には一度検討してみてはいかがでしょうか?。